男性と女性

クレアチニンで一生健康|ダイエットに持ってこい

このエントリーをはてなブックマークに追加

脂質の酸化を防止

蜂蜜

生活習慣病やガンの予防

プロポリスの原液を飲むと、生活習慣病やガンの発症が防がれやすくなります。なぜならプロポリスの原液には、体内の脂質の酸化を防ぐフラボノイドが多く含まれているからです。脂質は酸化すると、血管壁に付着しやすくなるのですが、それにより血流が悪くなることが、生活習慣病の原因です。また、細胞は脂質に覆われているので、その脂質が酸化すれば、細胞は正常な働きをすることが困難になります。それにより異常な細胞分裂がおこなわれることが、ガンの原因となっているのです。そのためプロポリスの原液によって脂質の酸化を防いでいれば、これらの発症リスクが下がっていくわけです。また、体内の脂質が酸化すると、太りやすくなったり、肌がくすみやすくなったりもします。そのためプロポリスの原液には、ダイエット効果や美白効果もあると言えます。

産地による抗酸化力の違い

プロポリスの原液は、様々な地域で作られているのですが、産地によって抗酸化力の高さが異なっています。基本的にはどこで作られたプロポリスの原液にも、フラボノイドが含まれているので、抗酸化力があります。しかしフラボノイドの量が特に多いのは、ヨーロッパ産のものとなっています。なぜならヨーロッパ産のプロポリスの原液は、植物の中でも特にフラボノイドを多く含む、ポプラの樹液を原料として作られているからです。もちろんその他の地域で作られたプロポリスの原液にも、それぞれ特徴があります。たとえば南米産のプロポリスの原液には、高温多湿な環境の中でも雑菌の影響を受けにくい、高い抗菌作用があるのです。そのためプロポリスの原液は、産地や効果を確認した上で購入することが大事とされています。