男性と女性

クレアチニンで一生健康|ダイエットに持ってこい

このエントリーをはてなブックマークに追加

冷えの対策や改善策

ストーブとレディ

血行不良だけではない

血行不良が冷え性の原因に挙げられていますが、身体の巡りにはその他にも水や気などの働きが大きく関係している点にも注意が必要です。血液によって栄養素が全身を巡りますが、冷え性では必要な栄養素の巡りが悪く、不調を招きやすくなります。心臓から近い部分は常に温かく、心臓から離れた末端は冷えやすい特徴がありますが、血の働きだけではなく、生命維持や活動は気のエネルギーからも行われています。また、冷え性の場合には水のエネルギーも重要視すべきで、身体はほぼ水分から成り立ち、排出機能は免疫力にも繋がっているために対策や改善には外側からの温めよりも、漢方や生薬などをお茶や食品などから上手く取り入れる必要があります。

入浴でぽかぽか

女性のみならず、男性も冷え性に悩んでおり、手軽な対策として人気なのは入浴です。内臓冷えや末端冷え、下半身冷えなど、様々な種類の冷えに効果的であり、芯から温まり、その体温の持続性は入浴時間や設定温度も関係しています。目安は38度程度のお湯であり、半身浴は下半身冷えに効果的ですが、内臓冷えには全身浴で血行を促すことも必要です。また入浴剤も人気がある冷え対策の1つで、例えば、柚子や生姜、青梅などの健康食品も血流促進効果が高いために入浴剤として利用されています。また血行促進には水分補給も必要ですが、冷え性の場合には常温やホットで摂り入れます。白湯が人気ですが、中でも甘味が加わっていないジンジャーエールは生姜と炭酸水によって血流が促されやすく、冷えの改善に男女から人気を集めている内容です。